ペットの自宅供養にはミニ骨壺

ペットの自宅供養

ペットは大切な家族の一員と考えられるようになってきました。

近年ではペットに対する人々の意識は変わってきたようで、家族同然のペットの死はとても悲しく辛いものです。 しかしペットは人間よりも寿命が短く、ペットの死は決して避けて通れないものです。 一昔前までは、ペットはあくまでペットだからという考え方のもとに、 亡くなれば火葬して納骨、埋葬というのが一般的な流れでした。 しかし最近ではコンパニオンアニマルという言葉も生まれたように、単なるペットではなく家族の一員という風潮になってきました。 これは生活スタイルの変化や住宅事情、少子化あるいは高齢化といった時代の流れの中で、ペットに対する人々の意識も大きく変わってきたからでしょう。 ペットが人々の生活へ浸透し、単なる癒しや安らぎの対象であるばかりではなく、 家族の話し相手や生きがいといった存在になるケースも少なくありません。 ペットの飼育数は犬と猫だけで2,500万匹を超えるといわれ、 室内飼育が約80%ともいわれる現状からも、今やペットは人々の生活になくてはならないものとなってきたといえるでしょう。 このような背景からも、ペットが亡くなったらペット専門の葬儀社に連絡して火葬するというペットの火葬・葬儀は、ペット葬儀社などの増加もあり現代社会に定着しつつあります。 しかし火葬後の供養に関してはペット霊園に埋葬する人はまだ少なく、今のところきちんと確立されていないように思われます。 このへんは今後、流れが出来上がっていくでしょう。

岡崎市内動物病院の求人
明るく協調性のある動物看護師さんを募集しています。
中根犬猫病院 愛知県岡崎市美合新町12-6 TEL:0564-51-0937
http://inuneko-byouin.com/saiyou.html (求人・採用ページ)